HAVE FUN JAPAN

日本ならではの体験予約・決済仲介サービス お問合わせ

新規会員登録

  • 利用規約の確認
  • メールアドレス確認
  • ユーザ登録

利用規約

HAVE FUN JAPAN利用規約

HAVE FUN JAPAN利用規約

HAVE FUN JAPAN(以下「本サイト」といいます)は、株式会社キャップス(以下、「当社」といいます)が提供する日本国内の体験予約・決済代行サービス(以下「本サービス」といいます)です。本サービスのご利用に関して、以下のとおりHAVE FUN JAPAN利用規約(以下、「本規約」といいます)を定めます。
本サービスをご利用いただいた場合は、本規約に同意したものとみなしますので、 本サービスをご利用いただきます際には、必ず本規約をよくお読みください。

第1条 目的
本規約は当社が運営する日本国内の体験予約・決済代行サイト「HAVE FUN JAPAN」の本サービス利用者に適用するものです。本サービスの利用者は、あらかじめ本規約に同意した上で、本サービスを利用するものとします。また、本規約は予告なく変更することがあります。
第2条 会員登録
  • (1)「会員」とは、本規約を承認の上、本規約に基づき本サービスの提供を受けるために当社の指定する会員登録手続を完了し、当社が会員として承認した個人とします。ただし、承認後でも、当社が会員として不適当と判断した場合には承認の取り消しを行うことがあります。
  • (2)会員登録の際の登録情報に関して、いかなる虚偽の申告も認めないものとします。本人、登録情報(氏名、メールアドレス等)、パスワードは、それぞれ一つずつのみ対応するものとし、同一人物による複数の会員としての登録は認めないものとします。
  • (3)登録情報に変更が生じた場合は、会員は速やかに所定の変更手続きを行うものとします。
第3条 体験実施会社が提供する情報
  • (1)当社は、本サービスにおいて、掲載する体験内容、料金、予約可能日時等の予約に必要な情報(以下、「予約関連情報」といいます)、および体験実施会社に関する情報を会員に提供しますが、予約関連情報は、体験実施会社の責任において提供されるものであり、当社が故意または過失による情報の非伝達のため発生したものを除き、当社は情報の内容については一切責任を負うものではありません。
  • (2)会員と体験実施会社との間で生じるトラブル、紛争もしくは苦情、会員が被る損害については、会員が体験実施会社との間で解決するものとし、当社はこれらにつき何ら責任を負うものではありません。
第4条 予約確定、手配代行契約成立
当社は、本サービスを通じた会員の予約申込を体験実施会社に転送し、体験実施会社がその予約を受け付けた時点で会員へ予約受付確認メールを送信します。予約受付確認メールが会員に到達した時に、会員と当社の間の手配代行契約が成立します。
第5条 代金の決済
会員は、当社の提携会社が提供するクレジットカード決済等の決済サービス(以下「決済サービス」といいます)を利用するものとします。予約確定時に当社の提携会社が提供するクレジットカードにて、その代金を支払うものとします。本サービスの表記価格は、全て日本円となり、実際のクレジットカード決済額はクレジットカード会社の定める時点でのレートにて自国通貨に換算することとします。
第6条 追加代金の決済
会員は、体験実施当日に予約内容以外の追加内容が必要となった場合は、当日現金(日本円)または体験実施会社提供の決済方法にて体験実施会社および同行通訳者へ直接決済するものとします。
第7条 同行通訳の役割
会員は、自身の希望で有料の同行通訳を申し込むことができます。同行通訳とは、案内や解説をするガイドではありません。あくまで体験実施会社と会員との会話を通訳するものです。
同行通訳の役割と責任について以下の各号の通りとします。
  • (1)当社は同行通訳の申し込みを必ずしも実行できるものではありません。会員が希望する同行通訳者が手配できない場合は、同行通訳はキャンセルになることを予め了承するものとします。
  • (2)同行通訳の範囲は、一般的に日常会話として行われる程度の通訳に限られるものとし、日常会話とは、飲食関連やレジャー関連、エンターテイメント関連、宿泊関連、交通機関等で日常的に生じるであろう会話を指します。医療通訳など生命にかかわるものや高度な専門知識が必要となる通訳に関しては、対応できません。
  • (3)会員や第三者と同行通訳者間の通訳で専門用語や直接通訳しずらい言葉がある場合には、同行通訳者の責において、できる限り対応します。
  • (4)同行通訳の対応言語は、会員が同行通訳申し込み時に希望した言語に限ります。
  • (5)同行通訳の利用が可能な時間帯は、原則、1日最大8時間までとします。
  • (6)同行通訳との集合場所および解散場所は、原則、体験実施会社とします。会員の希望により宿泊先や最寄駅等を集合場所にする場合は、その場所から体験実施会社までの同行通訳者の交通費を会員が負担するものとします。
  • (7)同行通訳は、予約成立後に会員と同行通訳者の双方に直接の連絡先を提示し、スケジュール調整や集合場所等を直接決定することとします。
  • (8)同行通訳は1時間単位とし、案件内容時間内を基準とします。
  • (9)万が一会員が予約日時に現れなかった場合は、同行通訳者はメールや電話、宿泊先を通じて連絡を試みるように努めますが、集合時間から20分が経過しても会員と連絡が取れない場合は、当日キャンセルとなり、キャンセル料が発生します。キャンセルにつては、「キャンセルポリシー」に準じます。
  • (10)同行通訳者は、同行通訳時に、本サービスの登録会員証を見えるところに付け、同行通訳します。

  • (11)同行通訳の開始時に、会員のスマートフォンやタブレット等の通信機器から予約確認を行い、実行連絡を当社へ送信しますので、予約確認画面を提示することを了承することとします。
第8条 同行通訳の中断・中止
会員が次の各号のいずれかに該当する言動があった場合、及び、同行通訳提供中に次の各項のいずれかが含まれる内容があった場合、同行通訳の途中であっても通訳を中断し、以降の対応を中断できるものとします。
  • 
(1)当社及び同行通訳者、会員もしくは他者を差別もしくは誹謗中傷し、又はその名誉もしくは信用を棄損する行為。

  • (2)詐欺等の犯罪に結びつく、又は結びつく恐れがある行為。

  • (3)わいせつ又はわいせつを想起させる行為。

  • (4)ストーカー行為等の規制等に関する法律に違反する行為。
  • 
(5)同行通訳者のプライバシーに踏み込んだ内容。

  • (6) 他者になりすまして同行通訳を利用する行為。

  • (7)誹謗中傷、非難、攻撃を意味するものを含む内容。

  • 
(8)当社もしくは他者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、又は侵害する恐れのある行為。

  • (9)当社もしくは他者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、又は侵害する恐れのある行為。

  • (10)同行通訳を悪用して同行通訳者または第三者に迷惑をかける行為。

  • (11)上記各号の他法令もしくは公序良俗に違反(売春、暴力、残虐、麻薬取締等)し、又は他者に不利益を与える行為。
  • 
(12)同行通訳を利用して、反社会的勢力に直接的または間接的に利益を提供する行為、またはそのおそれのある行為。
第9条 会員の自己都合による予約の取消、取消料
  • (1)会員の自己都合で予約を取消す場合の取消料は、本サービスが定める「キャンセルポリシー」に準じます。
  • (2)当社は体験代金支払時と体験代金返金時の為替差損益については一切責任を負うものではありません。
  • (3)予約の取消は、原則、本サイトのマイページより行うものとします。
第10条 体験実施会社判断による取消、返金
天候不順・災害等によって、体験中止と体験実施会社が判断した際の体験予約の取消については、会員に対し全額返金を行うこととします。但し、当社は体験代金支払時と体験代金返金時の為替差損益については一切責任を負うものではありません。
第11条 パスワードの管理
  • (1)会員は、パスワードの管理責任を負うものとします。
  • (2)会員は、メールアドレス、パスワードを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買、質入等を行うことはできないものとします。
  • (3)会員のパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切責任を負いません。
第12条 個人情報の取扱い
  • (1)当社は、会員のプライバシーを尊重し、会員の個人情報の管理に細心の注意を払います。本サービスの管理および運営に当たって、当社が会員から取得した個人情報は、本サービスが定める「プライバシーポリシー」に従って取り扱うものとします。
  • (2)当社は、会員が本サービスの利用を停止し、または本サービスの会員制度から退会等(理由は問いません)したとしても、会員が別途当社の定める手続きに従い会員情報を抹消しない限り、会員の個人情報を保有し利用し続けることができるものとし、会員は、これを予め同意するものとします。
第13条 会員の禁止事項
会員は、本サービスを利用する際に、以下の行為またはそのおそれのある行為を行ってはならないものとします。
  • (1) 本規約に違反する行為
  • (2) 公序良俗または法令に違反する行為
  • (3) 当社、他の会員または第三者の著作権、肖像権、その他知的所有権を侵害する行為
  • (4) 他の会員または第三者を誹謗・中傷する行為
  • (5) 他の会員または第三者に不利益を与える行為
  • (6) 当社の事業あるいは当社の提供するサービスの運営を妨害する行為
  • (7) 営利を目的とする行為
  • (8)犯罪的行為に結びつく行為
  • (9)本サービスを使用して、当社または体験実施会社を故意に虚偽情報の提供または脅迫によって困惑させる行為
  • (10)当社または体験実施会社への体験代金もしくはキャンセル料、その他の利用料の不払いまたは暴力行為等の体験施設会社、当社もしくは第三者に対する迷惑行為
  • (11)その他、当社が不適当と判断する行為
第14条 会員発信情報の削除又は修正
当社は、会員が送信した情報のうち、以下のいずれかに該当するまたはそのおそれがあるものを、会員の承諾なく、全部または一部を削除し、またはこれに対し当社が必要と判断する修正を行うことができるものとします。
  • (1)本規約の「会員の禁止事項」のいずれかの事項に該当すると当社が判断するもの
  • (2)事実に明らかに反すると当社が判断するもの
  • (3)その他当社が不適当と判断するもの
第15条 会員資格の抹消
会員が以下の事由のいずれかに該当する場合、当社は会員に事前の通知することなく、また会員に対して何らの責任を負うことなく、会員資格を抹消することができるものとします。
  • (1)本規約の「会員の禁止事項」のいずれかの事項に該当する行為を行った場合
  • (2)その他、本規約のいずれかに違反した場合。
  • (3)その他、会員として不適格と当社が判断した場合
第16条 本サービスの変更・中断または中止
  • (1)当社は、会員に事前に通知することなく、本サービスの全部または一部を変更、中断または中止する場合があります。
  • (2)本サービスの全部または一部を変更、中断または中止に伴い、会員に不利益または損害が発生した場合であっても、当社はその責任を負わないものとします。
第17条 著作権および財産権
本サイトに表示されるすべての内容に関する著作権および財産権は、当社および当社にそれらの内容を提供している体験実施会社、提携先、広告主に帰属しています。利用者および会員は、当社、体験実施会社、提携先、広告主の事前の文書による承諾を受けた場合を除いて、それらの内容を複製、公開、譲渡、貸与、翻訳、転載、送信、使用許諾、再利用しないことなどに同意するものとします。また、利用者および会員がこれらの行為によって得た利益相当額を当社が請求できる権利を有していることとします。
第18条 免責・責任制限
  • (1)当社は、会員と体験実施会社との間で生じた損害については、一切の責任を負わないものとします。
  • (2)体験実施会社は、当社とは独立した契約主体であり、体験実施会社による、いかなる行為、過失、怠慢、代理行為、保証や、体験参加に関連する会員の負傷、死亡、所有物の損傷・遺失テロリズムに帰する損害、その他あらゆる損害等について、当社は一切責任を負うものではありません。
  • (3)当社は、当社の直接の管理範囲を超えた原因により生じた、体験サービスの遅延、キャンセル、重複予約、ストライキに対する責任を負わないものとします。また、政府当局や裁判所令状等による体験サービス内容変更、キャンセル、遅延、追加費用の発生等についても応じる義務を負いません。
  • (4)当社は、当社に故意または過失がある場合においても、会員に対し、本サービスの提供に関連して会員に発生した現実かつ直接の通常損害以外の損害を負担しません。
第19条 反社会勢力の排除
会員は、反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標榜ゴロもしくは特殊知能暴力集団等またはその他これらに準ずる者をいいます。)に該当しないこと、また暴力的行為、詐術もしくは脅迫行為または業務妨害行為等の違法行為を行わないことを、将来にわたっても表明するものとします。かかる表明に違反した場合、異議なく本サービス利用の停止、または会員資格の剥奪を受け入れるものとします。
第20条 本規約の変更
本規約の内容について、当社は必要に応じ変更できるものとします。本規約を変更した場合は、本画面上の変更をもってその変更が終了したものとし、都度、会員への通知は行わないものとします。
第21条 合意管轄
本規約に関する一切の紛争については、日本国大阪地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。
第22条 協議
本規約に定めのない事項又は本規約に関する疑義が生じた場合には、関係当事者間にて誠意をもって協議し、円満に解決するよう努めるものとします。

2019年9月1日

ページ先頭へ戻る
読み込み中です